プレゼント用としてギフト券を選ぶ際の注意点

プレゼント用としてギフト券を選ぶ際の注意点

プレゼントに便利なギフト券ですが、その種類によっては、使い先が限られていたり有効期限があったりなどとさまざまな注意点があります。

使えない店舗もある

もらってうれしいギフト券といえば、JCBギフトカードのように全国のデパート、レストラン、スーパーなど多くの加盟店で使用できるものです。

ただし、一部使用できない店舗もあることに注意してください。

JCBギフトカードだと、全国に100万以上あるJCBギフトカード取扱店で自由に使えるというイメージがありますが、各店舗の都合で使えないこともあるのです。

また、商品によってギフト券が使えないこともあります。

これはVISAギフトカード(VJAギフトカード)なども同じであり、一部ではありますが、加盟店でも店舗の都合で使えない場合があることに注意しましょう。

Amazonギフト券はもらった人がうれしくない場合も

使用用途が広いものでも、必ずしもそれをもらった人が喜ぶとは限りません。

たとえばAmazonギフト券がそうです。

ネットで買い物をしたことのある人なら、Amazonギフト券ほど重宝するものはありませんが、そもそもネット環境がない人ならもらっても意味がありません。

ネットは使っていてもネット通販は利用しないというポリシーの人もいますので、その点が注意点です。

できれば、以前の会話などでネット通販を利用することがわかっている人にだけ贈るようにしましょう。

有効期限に注意

ギフト券によっては有効期限があることも注意点です。

上に挙げたクレジットカード会社のギフトカードや全国百貨店共通商品券には有効期限はありませんが、Amazonギフト券や地方団体の発行する商品券などには有効期限が定められていることがあります。

有効期限とは、文字通りその期日を過ぎたら使えなくなってしまうという意味です。

プレゼント用に取扱店で購入したものなら、有効期限のあるものでも数年単位の余裕はありますが、金券ショップで買った商品券には有効期限間近のものもあります。

もっともプレゼントに金券ショップを利用するのが失礼な話ですが、念のため注意しておきましょう。