ギフト券のプレゼントはもらった人が使いやすいものを

ギフト券のプレゼントはもらった人が使いやすいものを

プレゼントとして人にギフト券を贈る時は、その人にとって使いやすいものであることに注意してください。

自分にとって使いやすいものでも、すべての人にとってそうであるとは限りません。

もらった人が使いやすいかを考える

相手の好みやギフト券の使い方がわかっているのであれば、それに適したギフト券を贈ればよいですが、そうでない場合は全国どこでも使えるギフト券が無難です。

たとえばビール券やお米券なら日本中どこでも使いやすいので喜ばれます。

ただし、お酒を飲まない人がビール券をもらっても困るでしょう。

自分で使わないギフト券なら金券ショップなどに売るという使い道もありますが、なるべくなら手間なく使えるものを選んだ方が喜ばれます。

使用用途の広いクオカードなどがおすすめです。

Amazonギフト券を贈る場合

Amazonギフト券は使用用途が広く、全国どこでも使えるのでプレゼントに適していますが、相手がAmazonを利用しているかを先に確かめてください。

ネットを利用する人にとってAmazonは当たり前のような存在ですが、そもそも普段ネットを利用しない人であれば、その人にとって使いやすいギフト券とは言えないでしょう。

それよりは百貨店の商品券などの方が喜ばれます。

おすすめはクオカード

誰にとっても使いやすいギフト券はクオカードです。

百貨店の商品券もプレゼントの定番ですが、その対象店舗が近くにない人にとっては使いやすいとは言えません。

また、ビール券や図書カードなど用途が限定されるものも、贈る相手の好みがわかっている場合なら構いませんが、そうでない場合は喜んでもらえない可能性があります。

その点、クオカードならどんな人にもおすすめです。

コンビニ、ガソリンスタンド、レストランなどあらゆるところであらゆる買い物に利用できるので、もらって困るということはありません。

額面も1万円券まで多くの種類があるので、プレゼントの金額を調整しやすいところもおすすめの理由です。